生理前の食欲を抑える方法

トップページ > 生理前の食欲を抑える方法

生理前の食欲を抑える方法

生理の前には甘いものが我慢できなくなったり、食べ過ぎてしまったりした経験は女性なら一度はあるでしょう。
甘いものを食べるとその時には血糖値はすぐに上がりますが、そのあとは、すぐに下がるので、満腹感は一時的なものです。

 

食べ過ぎについては、何度も食べ過ぎてしまうと太る原因になるため、食欲を制御する必要があります。卵巣からは女性ホルモンが出ますが、その女性ホルモンには『プロゲステロン』というホルモンと『エストロゲン』というホルモンが存在します。

 

生理がくると『エストロゲン』のほうが卵巣から出ますが、生理の前には『プロゲステロン』のほうが卵巣から出ます。『プロゲステロン』のほうは、体の中の水分を一定に保持してくれる作用がありますが、過剰に出てしまうと、血糖値が下がり、脳が刺激を受け、自律神経に影響を及ぼし、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

これにより、食べ物を食べたいという気持ちが強く出てしまいます。そのため、血糖値は低くても高くてもダメで、ある一定の値を保持しないと食欲を制御することはできないのです。1日には3食を食べるのが理想と言われていますが、1回に食べる量が増えてしまうときには、1回に食べる量を少なくして、その代わり、回数を多くするようにするといいでしょう。

 

また、米やパン、うどんなどの炭水化物は、血糖値を保つには必要なものなのできちんと摂取するようにしましょう。炭水化物ダイエットなどが流行ったことがありますが、少し減らすぐらいならいいですが、過度に減らしてしまうと逆に太る要因になるので気を付けてください。

 

血糖値を一定の値に保持しながら食欲を制御するためには、3時間ごとに炭水化物が含まれている食事をするのが良いとされています。それでも甘いものが我慢できないようでしたら、フルーツ類を食べるようにしましょう。また、軽めの運動をしてみたり、好きな曲を聴いたり、ストレスが溜まっていたらストレスを解消するようにすることも大切です。